JeepStyle 2022 Summer 好評発売中
北米JEEPニュース最新情報

闘うオンナとラングラー4xe

女性ドライバーだけで競われる「Rebelle Rally」参戦記
Jeep Brand Dominates the Sixth Rebelle Rally

海外では女性の活躍が目覚ましいようだが、 そんな事実を裏付けるラリーレイドが行われた。
優勝を勝ち取ったのはPHVのラングラー4xe。 女性とPHVの活躍は、なぜシンクロしたのだろう?


ジ ープ ・ フ ァ クトリ ー チ ー ム が 送 り 出 し た 3 代 の ラ ン グ ラ ー 4 x e( 右 )。 競 技 の途中でルートの確認をするのは、総 合優勝を勝ち取ったゼッケン129の ネーナ・バーロウとテラリン・ペテレ イト(左)。

日本で「女性活躍推進法」が施行された のは2016年4月。以降、あらゆる場面で “女性活躍”という言葉が聞かれるが、残 念ながら国内ではそのスピードは遅く、ま だまだ日本は過渡期にあるといっていい。 しかし海外に目を向ければ、さまざまな 分野で女性の活躍が注目されている。 例えば女性選手だけで競うラリーレイド

『Rebelle Rally』。これはアメリカ・ネ バダからアリゾナ、カリフォルニアにわた る3州の砂漠地帯を舞台としたもので、8 日間で2500km以上を走破するという過 酷な戦い。しかもパソコンやGPS、スマー トフォンなどの電子機器が使用禁止とされているから、出場者は地図と方位計と いうアナログな武器だけを頼りに走り続 けなければならない。

そんなRebelle Rallyだが、2020年か らEVやハイブリッド車に加え、PHVの参 加も認められるようになった。車両のデジ タル化はOKだがマップのガジェット化は NGというのも妙な話だが、それはさてお きジープ・ファクトリーチームは同ラリー に3台のラングラー4xeをエントリー。結 果、並み居る強豪を打ち破り、なんと1位 と2位を獲得するという圧倒的な強さで 砂漠の戦いを締めくくった。
「砂丘でのハイスピードでも岩場でのロッククローリングでも、ラングラー4xeはタ フに走り続けてくれました。もちろん航続 距離もパワーも不足することはありません でした!」 そう語るのは総合優勝のネーナ・バー ロウ選手。PHVと聞けばほとんどの人は 市街地での走行を思い描くはずだ。しか し、今回の結果からもわかるように、PHV には驚くほどの可能性が秘められている の か も し れ な い 。こ れ か ら も 自 動 車 の 電 動化は加速していくだろうが、それとシン クロするかのように社会で活躍する女性 が増えていくことは、きっと時代の要請な のかもしれない。

詳しくは本誌を御覧ください!
ご購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました